介護(シニア)脱毛

介護(シニア)脱毛

丸亀市にあるメンズ脱毛&強髪発毛・育毛専門Men’s7~メンズセブン~です。


梅雨もあけたようですね。
これから毎日暑い夏がくる~ってですよね。
しかしながら…
早くも台風がきてますよね。
夏は短いのかも???
といっても長いでしょうね。。。_| ̄|○

介護(シニア)脱毛とは

いざ介護を受けるとなった時に、アンダーの毛が長いと排泄(うんち)時に不衛生であり
様々な肌トラブルを招く
可能性があるので先にアンダーヘアを脱毛して介護に備えておくことをいいます。

「介護脱毛」という言葉を聞くと「介護施設や介護を受ける際に脱毛すること」と思うかもわかりませんが
実は介護を受ける前のエチケットとして脱毛を受けるということなのです。
介護時に脱毛をするということではないのです。

介護される側のムダ毛トラブル

歳を重ねていくと徐々に免疫力が下がり、些細なことでも肌トラブルの原因にもなります。
年齢と共に肌の回復力も低下していく為、若い時の怪我や皮膚荒れも早く治っていたけれど…
現に30歳以上になると完治も遅くはないでしょうか?

介護される時にアンダーヘアが長いままでいるとこのようなトラブルの原因となる可能性があるのです。

  • 不衛生な状況が続くと雑菌が繁殖して匂いの原因。
  • オムツ着用での生活となった場合、排泄物(うんち)が陰毛にこびりつくこともある為
    キレイに拭き取ることは困難。
  • 着替えの度に拭き取りますが、何度も強く拭き取ることにより肌が損傷し、
    皮膚が赤くただれ痒みや痛みの原因。
  • 状況によってはシラミの発生など不衛生な肌環境を作る原因。

このようになる前にアンダーヘアを脱毛しておくことが衛生面や介護を受ける自身も心配がないのです。

アンダーヘアが白髪になる前に脱毛を

どの箇所の脱毛でもアンダーヘアが白髪になってしまうと脱毛が難しくなるのです。
同等のひげやワキ・胸毛でもです。
介護施設を利用する直前に脱毛すればいいいか?
と思われがちですが、その頃にはアンダーヘアの多くが白髪となって脱毛できなくなる可能性があります。
例え黒い毛と白髪が混じっていても、黒い毛には脱毛は反応してその部分は減りますが
白髪の部分は全くの脱毛は反応なし。
だから白髪の部分はそのまま状態になります。

一番いいのは、実際に介護が必要になるよりもかなり前の30代後半〜40代程度から介護の必要性を考えて、アンダーヘア脱毛の計画をするのが一番です。

ハイジーナ脱毛とVIO脱毛の違い

ハイジーナ脱毛は、毛を0にしてしまう脱毛
ようするに、生まれたての赤ちゃんのようにしてしまうってことです。

VIO脱毛は、毛の量を減らす脱毛
はみ出してる毛を除去していく方法です。

ハイジーナ脱毛

まるごとハイジーナ―脱毛   1回 ¥28,000

VIOまるごと脱毛       1回 ¥24,000

(竿・玉の部分は入りません)

初めての方に初回価格
まるごとハイジーナ―脱毛  ¥19,000
まるごとVIO脱毛      ¥15,000

blog内での表示価格は、税別価格となります。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP